にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

2018年06月17日

気分障害-うつ病【落ち込み】

気分障害には、うつ病と双極性障害(躁うつ病)の二つがありますが、
現在若い女性に増大しているのが、いわゆる【落ち込み】称するうつ病です。
ライフスタイルの変化や生活環境の悪化が背景にあると思われます。
ちなみに双極性障害とは、うつ状態と躁状態が交互に発症する気分障害です。

例えていうと、ここに1枚のカーペットがあるとします。
カーペットの表は、顕在意識であり、カーペットの裏は、潜在意識とします。
人は潜在意識によって突き動かされて、言葉を変えて言いますと人生を歩んでいるわけです。
したがって、症状ー気分障害の原因はここにあり、潜在意識に(手を突っ込む)のが操法となります。

【臨床例】
三〇代女性
主訴…ストレスなどが原因で、落ち込んでやる気をなくしてしまうことが時々あるとのこと。
所見…元気のなさそうな感じで来院。
施術…体を緩めてから、頚椎、頭部にダイレクトヒーリングをする。
顕在意識を浮かび上げてから、潜在意識を引っ張り出してクリアーにする。

utsu_woman.png
posted by 手のひらおぢさん at 23:37| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

逆流性食道炎

逆流性食道炎とは、胃酸の食道への逆流によって起きる疾患を言う。
下部食道括約筋の弛緩が原因。
胸焼けがする。胸がムカムカする。酸っぱいものが上がってくる。胃がもたれる。ものがつかえる。胃が痛い。胸が痛いなどの症状が出る。
発生頻度日本が一番。
【臨床例】
四〇代男性
主訴…胃の調子がおかしいので、病院で診てもらったら逆流性食道炎といわれ、薬を処方された。
食べたものが食道に上がってくるようなことはなくなったが、下行結腸辺りに不快感、違和感がある。
病院で出された薬を飲んでも治らない、どこの整体に行っても治らないので、ホームページを見て来院したとのこと。
所見…下行結腸の特定部位が膨らんでおり、かなりの感応がある。
施術…腰部を緩めてから甲状腺を賦活化し、疾病部位にダイレクトヒーリングをする。
しばらくして感応が減少。次に手のポイント、裏内庭と二点ヒーリングする。最後に、炎症解消ポイントを押さえる。

syokuji_imotare_man.png
posted by 手のひらおぢさん at 10:50| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鼻炎

三〇代男性
主訴…高校生から鼻炎で悩まされている。特に右の鼻の通りが悪い。
テッシュを鼻に突っ込んで仕事をしている。なかなか治らないので紹介で来院。
所見…右鼻鼻通に感応アリ。
施術…頚椎3番を押さえる。右鼻の鼻通にダイレクトヒーリングする。
しばらくすると、感応が減少。次にアージュナーチャクラと右鼻の鼻通を二点ヒーリングする。
最後に右鼻にエネルギーを通す。鼻の形が真っ直ぐになり、左と比べて小さかった右の鼻の穴が均等になった。
本人曰く、鼻が通るようになったとのこと。
kafun_bottoshiteru.png
posted by 手のひらおぢさん at 10:27| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする