にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

2015年04月11日

春の玉川温泉

春の玉川温泉。
DSC01170.JPGDSC01167.JPGDSC01164.JPGDSC01145.JPG
posted by 手のひらおぢさん at 01:37| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

自律神経失調症その2

自律神経失調症は、コリや歪みを取って血流をよくすれば治るというものではありません。
多くは交感神経の亢進が原因です。
そのためには、まずは交感神経の亢進を抑える操法、施術が必要です。
いわゆる手技では遺憾ともし難いのです。
第二の脳と言われている太陽神経叢と自律神経をコントロールしている甲状腺がポイントとなります。
マントラを心で唱えながらじーっと手を当てるのです。
感応がなくなってくれば、顔色もよくなって恢復してきます。
養生法としては、呼吸が浅くなっていますゆえ、腹式呼吸(睡眠時は腹式呼吸しています)を指示します。
自律神経失調症の症状としては、パニック障害、電車に乗れない、じっとしていられない、足が冷える、呼吸困難、頭痛、腹痛、下痢、肩こりなどさまざまな症状が見受けられます。
05自律神経失調 .jpg
ラベル:ヒーリング
posted by 手のひらおぢさん at 18:14| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月08日

坐骨神経痛症状の施術

坐骨神経痛症状は、大きく分けて梨状筋症候群と
腰椎椎間板ヘルニアや脊柱狭窄症などが原因で発症するものがある。
梨状筋症候群は、仙腸関節の「WB」の歪みを取れば恢復するが、
腰椎椎間板ヘルニアや脊柱狭窄症が原因のものは、一発ではなかなか取れない。
まずは、これらの部位の炎症を鎮めるわけだが、手のひら操法をすると、
放散痛が倍返しになって戻ってくる。痛いの何の、ビリビリして飛び上がってしまう。
それでも、我慢して数回操法を重ねると、徐々に下肢の放散痛が和らいでくる。

ラベル:ヘルニア 狭窄症
posted by 手のひらおぢさん at 23:30| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする