にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自律神経失調症へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

2018年09月21日

遠隔操法ー分身の術

遠隔操法ーヒーリングは、通常被検者の画像ないしは被検者をイメージして
エネルギーを投射するわけですが、分身の術を使えば分身にやらせれば
エネルギーの投射も必要ありません。

◎クンダリニー覚醒1dayセミナー
▶︎日時/毎月第一土・日13時〜17時 ▶︎会場/世田谷区祖師谷4-23-20 みきもとビル2-B 薬師整体
▶︎問合せ mail@iindia.jp 080-1360-6858  03-6277-9077 クンダリニー整体本部事務局
▶︎受講費 30,000円(税込 ・CD付)
 
クンダリニー.jpg
 クンダリニー(クンダリー)ku ṇḍ alinī(蛇火)は骨盤基底部に、もう少し詳しく言うと尾骨神経節に眠っているシャクティśaktir と言われる根源エネルギーである。根源生命力といってもよい。インド神話では、妻パールヴァティがスシュムナー(中央脈管)を駆け上って頭頂に坐す夫のシヴァ神と一体になることによって、現象世界が終焉すると言われている。
 クンダリニーは地核から、プラーナは太陽からやって来る(神智学)と言われ、蛇が三巻半(『ゴーラクシャ・シャタカ』では八巻半)どぐろを捲いている象徴図としてよく表されている。また、西洋ではサーサスThysus といわれ、棒または杖の頭に松毬を乗せたものが象徴として表されている。
 イスラム教の伝承にも「人間は尾骨によって創造され、尾骨によって最後の審判の日に復活する」といわれているように尾骨は輪廻転生、生命の根源に繋がっている。
 クンダリニーが覚醒されないと、チャクラの活性化はありえないと言われている。
 わたしたちは、肉体の眼ではなく、クンダリニーを通して世界を認識している。

▶︎クンダリニー覚醒実修
◉トラータカ(集注法)ー宇宙の光―蝋燭冥想
◉観想法(映像化)ー仏像と対坐し、マントラを唱えながら凝視する
◉呼吸法(プラーナヤーマ)ー太陽と月の呼吸法anulom-vilom/ カパラ・パーティ・クリヤ/完全呼吸法など
◉対座瞑想ー瞑想が瞑想する
◉潜在意識のコントロール
◉バンダ・トラヤ
○ムーラ・バンダ/肛門を締めつける。
○ウディヤーナ・バンダ/腹部を締めつける
○ジャーランダラ・バンダ/喉を締めつける
◉クンダリニー覚醒冥想ービージャー・マントラを唱えながら、クンダリニー・エネルギーを頭頂に上げていく
◉シャクティパットーエネルギー伝授
◉修了証書
posted by 手のひらおぢさん at 00:06| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

子宮筋腫考

子宮筋腫を小さくする整体のHPがたくさん見受けられますが、
実際にはどうでしょうか。
子宮筋腫を小さくまたは、なくすには、1.エネルギーとして排出する 2.子宮筋腫そのものを取り出す【心霊手術】
3.不正出血の際、塊として排出されるという3つの方法があります。
つまり、確認が、検証が必要です。
実際には、3の場合で確認できます。1.2.は高度な意識が不可欠ですので、通常ではなかなかできません。
子宮筋腫は、手技のみでは困難を極めますので、エネルギー療法の活用となります。
クンダリニー・エネルギーが結構役立ちます。
posted by 手のひらおぢさん at 21:36| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

気分障害-うつ病【落ち込み】

気分障害には、うつ病と双極性障害(躁うつ病)の二つがありますが、
現在若い女性に増大しているのが、いわゆる【落ち込み】称するうつ病です。
ライフスタイルの変化や生活環境の悪化が背景にあると思われます。
ちなみに双極性障害とは、うつ状態と躁状態が交互に発症する気分障害です。

例えていうと、ここに1枚のカーペットがあるとします。
カーペットの表は、顕在意識であり、カーペットの裏は、潜在意識とします。
人は潜在意識によって突き動かされて、言葉を変えて言いますと人生を歩んでいるわけです。
したがって、症状ー気分障害の原因はここにあり、潜在意識に(手を突っ込む)のが操法となります。

【臨床例】
三〇代女性
主訴…ストレスなどが原因で、落ち込んでやる気をなくしてしまうことが時々あるとのこと。
所見…元気のなさそうな感じで来院。
施術…体を緩めてから、頚椎、頭部にダイレクトヒーリングをする。
顕在意識を浮かび上げてから、潜在意識を引っ張り出してクリアーにする。

utsu_woman.png
posted by 手のひらおぢさん at 23:37| Comment(0) | 整体 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする